PREFERABLE

デザイン、建築を学んでいます。主に旅、デザイン、建築、語学に関することを書いています。

o

What is the purpose of your visit?

【ドイツ語】人気公立学校フォルクスホッホシューレでドイツ語コース【2016年】

f:id:iioto:20160303222731j:plain

フォルクスホッホシューレVorkshochschule(以下VHS)はドイツで誰もが利用できるいわゆる市民大学である。(住民登録は必ずしも必要ではなく、その時住んでいる住所のアドレスさえあれば申し込みができる。)おそらくドイツでドイツ語を勉強する最もコストパフォーマンスが良いのではないかと思う。それだけ良いので受講まで一ヶ月以上待たなければならない場合もあるが、校舎によっては2週間前でも大丈夫な場合もある。2016年の2月からコースを受講してみたので、その様子を具体的に紹介したいと思う。

 

VHSドイツ語コース

まず僕が通っているVHSはベルリンの市内の南西に位置するWilmersdorfと呼ばれるエリアにある。コース自体は2016年2月22日にスタートし3月18日までの日程で月曜から金曜日の朝9時から13時までとなってる。3日おきに2人のドイツ人講師が交互に授業を行う。生徒は1クラス約17〜20人くらいで国や年齢は様々となっている。ちなみに2016年の2月頃から少し値上がりして今まで150ユーロだったのが現在175ユーロになった。

 

申し込み方法

僕が申請したWilmersdorfの校舎は二カ所あり、今実際授業を受けている場所とは異なる場所で申請を行った。まずそれぞれの校舎によって開いている曜日と時間を確認する必要がある。

開いている時間に行くと整理券を渡されるか、自動式の整理券の機会があるのでそれを取り30分ほど待つのが通常、もしくはそれ以上。そして事務員に呼ばれ、どのレベルでいつから始めたいのかを伝え希望のコースが空いているか調べてくれる。見つかればそのあとにレベルチェックを行い住所や電話番号を登録した後に、指定の金額を支払い申し込み終了。たいていの場合希望のコースが一杯でスタートが一ヶ月二ヶ月先という場合もよくある。

ドイツ語テキスト

f:id:iioto:20160303090054j:plain

教材はCornelsenのstudio 21の一冊をそれぞれで購入して使用する。なので、もしA1.2からコースをスタートするとなると当然、同教材A1.1の範囲は知っていることを前提として授業が行われることになる。教材は同じVHSでも様々なので、校舎ごとにどの教材を使うか聞いておくといいだろう。

 

授業

f:id:iioto:20160303222921j:plain

そして授業の進め方はこの教材を軸としてそれぞれの講師が勧めることになるが、人数が多いため基本的に講義形式の授業になる。以前僕が通っていたドイツ語の語学学校では生徒同士で会話をする時間を設けたりしていたが、ここではあまりそういった機会はない。しかし、だからといって講師の質が悪いわけではない。基本的に講師が生徒に質問をして生徒が答えるといった形で話す機会を与えている。ちなみに僕が現在通っているのはA1.2 というコースでいわゆる初級だが、生徒の中にはわりと既にドイツ語をスラスラと話している生徒も多い。

 

まとめ

今実際二週間授業を受けてみての感想であるが、この授業内容で175ユーロはとても安いと思う。人によっては講師によっても善し悪しが違うという意見があるが、実際2人の講師の授業内容を体験してみてどちらもよかったので、統計のデータとしては少ないが全体的にVHSの講師は悪くないと思える。もしドイツに来て長期で滞在するのであればVHSは最初に考慮すべき語学学校と言えるだろう。

 

preferable.hatenablog.com