PREFERABLE

デザイン、建築を学んでいます。主に旅、デザイン、建築、語学に関することを書いています。

o

What is the purpose of your visit?

海外生活5年の僕が0から最速で「話す英語」をマスターするための方法をまとめてみた

 

http://www.flickr.com/photos/40722386@N04/6363562459

これまで僕が5年間海外生活を続けられたのも英語を話すことができたからであるのは間違いありません。僕自身も海外留学を決めた当初はもちろん英語を話すことはできず、その時はもう大学を卒業してから2年が経とうとしていた頃でした。

いままで、日本の英会話学校、海外語学留学、オンライン学習、Skype英会話そしてアプリなど話すための英語を習得するために色々と試してきました。それらの体験を通して個人的に今考える最速で身に付けるための英語学習方法をまとめてみる。

 

 文法は必要か?

文法は英語学習の骨格です。文法の基礎を学ばずに英会話を学ぼうとするのは、骨格がしっかりしないまま筋トレをするのと同じです。まずは最低限の文法を身につけることから始めましょう。身につけると言っても、まずは中学生レベルの文法の知識があれば十分文法の土台はあると思っていいと思います。高校、大学受験を経験したことがある人はとりあえず一通りの文法を知っているかと思います。もし中学の英語が不安であれば、一冊中学英文法のテキストをまず復習してみてください。くもんの中学英文法で僕は中学英文法を総復習しました。文法はとりあえずそれで十分です。

くもんの中学英文法―中学1?3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

 

単語は必要か?

 単語は車で言うガソリンの様な物です。車はガソリンが無ければ進めません。単語を覚えるといっても今まで日本の教育でやってきたような、ただの暗記ではいくら覚えても使うことができません。単語を話したり聞いたりした時に英語を話せる人とそうでない人の違いをイメージにすると下のような図になると思います。

 

「a dog」→「ドッグ」→「犬」→🐶 (英語を話せない人)

「a dog」→🐶(英語を話せる人)

 

つまり「a dog」と聞いた時に犬のイメージをすぐ頭に浮かべられるかどうかということになります。そのための訓練として、英単語イメージハンドブックなどがいいかと思います。できるだけ単語はイメージを含めて覚えることが重要です。

英単語イメージハンドブック

 

とにかく話すことを始める

まず日本人は文法はできるけど英語が話せないという人が山ほどいます。それは日本の英語教育から来る部分が大きいですが、文法や単語だけつまり「インプット」はあるのですがそれを実際に利用する話すつまり「アウトプット」ができていないということです。どのように話す英語を身につけるかをまず考えたいと思います。

 

 

 

海外語学学校

もし英語を最速で覚えたければ、海外の語学学校に行くのが間違いないでしょう。やはり日本にいれば日本語が必ず入って来てしまうので、なかなか英語脳になるには時間がかかります。もし海外に行ったらしばらく日本との連絡は断ちなるべく英語だけの環境にすることが大事だと思います。海外の英語学校にはいろんな国の人が学びに来ていると思います。その人たちと積極的に話すことを心がけて、できるだけイベントなどにも参加すると話す機会も増えて英語のみならず人間関係も広がっていきます。ぜひ時間とお金が大丈夫であれば、ぜひトライしてみることをお勧めします。

 

Skype英会話

特にお勧めはDMMがやっているSkype英会話です。初心者だと最初は何を喋ったらいいか分からないかもしれませんが、もし少し話せるようであれば英語を話すための練習としては最もコストパフォーマンスが良いと思います。僕も数ヶ月英語脳を維持するために利用していました。先生も教え慣れている人が多く質も良いと思います。

 

NHK英語教育講座

NHKの英語講座は講座数も豊富でテレビやラジオがあればテキスト代だけで勉強ができるので、日本にいて英語を勉強したいのであればこれを利用しないのはむしろもったいないかもしれません。先ほど紹介した英単語イメージハンドブックの著者大西先生のNHK講座は評判もよく、自分もよく利用していました。特に大西先生の文法講座はわかりやすく、目から鱗の講義がありとても良かった覚えがあります。評判があまりにも良かったため今は講座がDVDでも出ています。

ハートで感じる英文法大西先生の集中講義―NHK3か月トピック英会話

3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法 DVDセット

 

とにかく聞くことを始める 

スピーキングと同時に始めなければいけないのはもちろんリスニングです。リスニングはインプットですが、どのように実際に話しているかを知っていればアウトプットもスムーズにできるようになってきます。まずは自分の知っている単語が聞き取れるようになるまで聞いてみるといいでしょう。

 

アルク 

英語ヒアリングの定番教材。内容が充実しているため、飽きやすい人でも長期間続けることが可能で、TOEICのリスニング200点アップも期待できます。

 

もう迷わない!英語教材の進化系「1000時間ヒアリングマラソン」

ヒアリングマラソン 中級コース

 

NHK教育講座(ラジオ英会話など)

NHKの教育講座はラジオもあるので通勤時間にリスニングをすれば効率的に英語の勉強ができます。値段も400円程度なのでとても経済的です。

NHKラジオ ラジオ英会話 2016年 03 月号 [雑誌]

 

BBC Learning English

イギリスの国営放送BBCが提供する無料の英語学習サイトです。英語に慣れてきたらぜひ利用してみてください。

BBC Learning English

 

TED

テッドは今日本でも人気になってきたので、知っている方も多いかと思います。実際僕が通っていたイギリスの語学学校でも宿題でTEDのリスニングがありました。おすすめはJamie Oliverの講演です。是非聞いてみてください。

www.ted.com

 

その他英語学習に使えるアプリ、サイト

 僕が実際使っている英語学習必須辞書アプリを紹介しておきます。アプリとしては少し高いですが、辞書に数万円払うぐらいであればこちらを買った方がいちいち電子辞書や辞書を持つ必要もなくiphoneipadからすぐに調べることができます。内容はほとんど電子辞書と変わりなく、iphoneに慣れていればむしろ使いやすいと思います。

 

ウィズダム英和・和英辞典 2

ウィズダム英和・和英辞典 2

  • 物書堂
  • 辞書/辞典/その他
  • ¥2,900

 

 

 

英辞郎

無料で英語の単語、表現などのチェックが行えます。辞書としても使えるのでとても便利です。

英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB | アルク

 

 

英会話を始めると決めたら3ヶ月は覚悟する

英語の習得にはやはり時間がかかります。しかし一度習得してしまえば、こんなに使えるツール(英会話)はありません。ぜひ3ヶ月は集中して身につけてください。ここに載せた情報は5年間で僕が得た情報の一部ですが、今後もアップデートしていく予定です。それぞれ自分のレベルにあった英語勉強法を探してみてください。

 

http://www.flickr.com/photos/17143220@N00/988453859

 

preferable.hatenablog.com